【サーフィン初心者講座】

2 サーフポイントを選ぶ

①波情報サイトで直近の波情報や予想を確認する

サーファーズオーシャン サーフィン動画


スポンサードリンク


サーフポイントを選ぶにも、最近は波情報サイトのおかげで、リアルタイムで簡単に確実な情報が手に入るようになりました。

 

昔はサーフショップの店員がお客の情報を集約し、「昨日は〇〇がキマってて、今日の〇〇はジャンクだよ。明日は〇〇がいいんじゃない?」みたいなやりとりをして、最終的には行ってみないとわからない何てことも多かったです。

 

サーフポイントを選ぶうえで、まず初めに大きく分けて「太平洋側」か「日本海側」かのどちらかを選びます。

季節で分けるなら、夏は暖かい南風が吹くので「太平洋側」で波が立ち、冬は冷たい北風が吹くので「日本海側」に波が立ちます。

「宮崎」「高知」「九十九里」「静岡」「伊良湖」「伊勢」「湘南」等、夏のイメージで有名なサーフポイントが多いのはそのためです。

春と秋はその時々で北風が強まったり、南風が強まったり変化しますので、海に向かう前にしっかりと確認しましょう。

 

秋には台風がいくつも発生し、日本沿岸を進みながら各地に力強いウネリを運びます。

大変危険ですので、初心者の方は決して台風の時に海に入らないでください。

 

サーフポイントを決めるうえでは、波情報サイトで確認するのが一番簡単で楽です。

各サーフポイントの直近の波情報(波のサイズ、波の質、風の向き、ウネリの向き等)と、今後の予想を確認し、自分が海に入るタイミングでどういった状況になるのかをよく考えましょう。

また、気象庁が発表している警報・注意報をよく確認して、事故や災害には注意しましょう。

 

各サーフポイントには、ウネリの向きや強さ、風向きや強さに相性があります。

また、海底の地形(サンド・玉石・岩等)により、対応できる波のサイズも変わります。

サーフポイントを決める際は、その時のウネリの向きや強さ等の相性を考慮して決めましょう。

 

何年も天気図や波情報を確認したり予想していると、天気図を見ただけでウネリや風の向き・強さがわかるようになります。

過去~実況~予想へと変化する気象情報を基に、どこの海にどのタイミングで入ればいいかわかるようになります。

海に行くときは波情報サイトに頼るだけではなく、自分でも波を予想し経験を積んで、どこに行けばいいのか自分で判断できるようになりましょう。


【サーフィン初心者講座】

2、サーフポイントを選ぶ

   ①波情報サイトで直近の波情報や予想を確認する

   ②気象庁のサイトで気象警報・注意報を確認する

   ③初心者にもおススメのサーフスポット

   ④ライブカメラでリアルタイムの波をチェック


① 波情報サイトで直近の波情報や予想を確認する

波情報サイトは複数あり、有名なサイトとしては「BCM」「波通(i92)」「なみある?」「波伝説」等があります。

各サーフポイントの情報が非常に細やかで、随時更新しており確実で役に立ちます。

利用料は、月に数百円程度で波情報が見放題というサービスがほとんどです。

有料会員登録し、情報を確認できる環境にしておきましょう。

 

無料でも各エリア別の近況や予想を発信していますので、各サイトの情報を確認してみましょう。

海に行く前は、まず天気図で風の向きや強さをチェック! 天気図を見てどこで風が吹いていて、どこからウネリがやっててくるのかが解れば上級者です。

海外の波予想サイトです。

どの時間帯に、どの向きから、どの位の波高の波が来るのか、画像で分かりやすくチェックできます。明日のサーフポイントを決めるのに重宝します。

日本の波予想サイトです。

どの時間帯に、どの向きから、どの位の波高の波が来るのか、画像で分かりやすくチェックできます。明日のサーフポイントを決めるのに重宝します。


経ヶ岬(京都府京丹後市)の現在の波高と波の周期を知ることができます。過去1週間のデータも確認する事ができます。現在は波が上がってるのか落ち目なのかが解ります。

いわずと知れた有料波情報サイト。会員登録して各サーフポイントのリアル波情報をゲットしよう!毎日詳細な情報が更新され、サーファーに必須の波情報サイトです!

一部を無料で波情報を提供されているサイト。詳細情報は有料ですが、全国地域別の無料文字情報や波予想はとても参考になります。

綺麗な波の壁紙を提供されていたり、様々な情報が満載です。

会員に登録すると全国140カ所以上の文字情報や全国人気スポットのカメラ映像が見れます!


一部を無料で波情報を提供されているサイト。詳細情報は有料ですが、全国地域別の無料文字情報や波予想はとても参考になります。

便利な地域別のサーフポイントMAPを見れば、知らない地域でもどこでサーフィンができるか一目瞭然です。

会員に登録すると全国の波予想やライブカメラ、その他様々な情報が見れます。

全国の無料波情報を提供されています。こちらも要チェックです(^-^)

有料会員登録で波情報や予想ツールを使えるようになります。

 

サーファーの車にステッカーが張ってあるのをたまに見かけます。



スポンサードリンク


【サーフィン初心者講座】

1、サーフィンに必要な道具を揃える

   ①サーフボードの選び方

    Ⅰサーフボードの分類

    Ⅱサーフボードを選ぶ際に最も重要な浮力表

    Ⅲサーフボード各部位の名称

    Ⅳサーフボードの長さの目安

    Ⅴサーフボードの価格帯

   ②その他サーフグッズを選ぶ

    Ⅰサーフィンをする上で最低限に必要な物 5点

    Ⅱ海や波の状況によって必要になる物 4点

    Ⅲ車載用サーフグッズ

    Ⅳあると便利なサーフグッズ

    Ⅴサーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選

   ③海に行く前の準備(道具の準備は?体調は?移動手段は?)

    Ⅰどんな準備が必要?~道具を準備する~

    Ⅱ体調は?~体調管理が大切です~

    Ⅲどうやってサーフポイントまで?~移動手段を準備する~

    Ⅳ車のタイプ別の車内積載可能ボード数

    Ⅴ車以外の手段で海に行く

 

2、サーフポイントを選ぶ

   ①波情報サイトで直近の波情報や予想を確認する

   ②気象庁のサイトで気象警報・注意報を確認する

   ③初心者にもおススメのサーフスポット

   ④ライブカメラでリアルタイムの波をチェック

 

3、テイクオフまでの流れ

   ①サーフィンのルールとマナーと注意点

    Ⅰピークが優先

    Ⅱワンマンワンウェイブ

    Ⅲ前乗り禁止(ドロップイン禁止)

    Ⅳライディング中、テイクオフ中の人が優先

    Ⅴサーフィンのマナー

    Ⅵサーフィンの注意点

    Ⅶ参考 日本サーフィン連盟 ルール&マナー

   ②準備運動、カレントや危険な場所の確認

   ③ゲッティングアウト(パドリングとドルフィンスルーでブレイクポイントへ)

   ④波待ちをしながら乗る波を見極める

   ⑤波を追いかけて、いざテイクオフ!