【サーフィン初心者講座】

3 テイクオフまでの流れ

①サーフィンのルールとマナーと注意点

サーファーズオーシャン サーフィン動画


スポンサードリンク


3 テイクオフまでの流れ

サーフィンを始める方にとって一番知りたい事ですね。

サーフィン動画等の映像では、主にテイクオフの後から映されるので、波に乗るまでに何をしているのか解りません。

ここでは海に入る前から波に乗るまでを、丁寧にわかりやすく解説したいと思います。

 

大きな流れとして、まずは海に入る前に陸から波チェックします。

どのような波をねらうのか(セットの波、ミドルの波、ウネリの向き等)、

どの(※)ブレイクポイントをねらうのか、どこで波待ちをするのか、

どうやって(※)ゲッティングアウトするか(どこを通ってそのブレイクポイントに向かうか)を確認します。

ねらう波が決まると、海に入って(※)パドリングと(※)ドルフィンスルーでゲッティングアウトします。

ブレイクポイント周辺で波待ちをしながら乗る波を見定め、パドリングで波を追いかけて(※)テイクオフします。

 

この辺りからサーフィン用語が増えてきますww。一つずつ解説してまいりますので馴染んで覚えましょう。

海に入る前にはしっかりと準備し、怪我を予防しましょう。ルール&マナーをしっかり守って、サーフィンライフを楽しみましょう!

 

 

(※ブレイクポイントとは = 波が崩れ始める所。主に海底の岩や砂、周りの地形に反応して波がブレイクする。ビーチでは一ヶ所に定まりにくい。)

(※パドリングとは = サーフボードの上で、腹這いの状態で手で漕いで前に進む動作の事。サーフィンの上手さとパドリングの上手さはほぼ比例します。)

(※ドルフィンスルーとは = 向かってくる波に対して、タイミングを合わしてサーフボードと身体を沈め、波の下に潜って波の力をかわす事。ダックダイブともいいます。日本ではドルフィン、海外ではダックダイブと言うのが一般的です。)

(※ゲッティングアウトとは = パドリングでブレイクポイントに向かう事、沖に出る事。)

(※テイクオフとは = パドリングの体勢からスタンディングへの動作、波に乗る事。)


【サーフィン初心者講座】

3、テイクオフまでの流れ

   ①サーフィンのルールとマナーと注意点

    Ⅰピークが優先

    Ⅱワンマンワンウェイブ

    Ⅲ前乗り禁止(ドロップイン禁止)

    Ⅳライディング中、テイクオフ中の人が優先

    Ⅴサーフィンのマナー

    Ⅵサーフィンの注意点

    Ⅶ参考 日本サーフィン連盟 ルール&マナー

   ②準備運動、カレントや危険な場所の確認

   ③ゲッティングアウト(パドリングとドルフィンスルーでブレイクポイントへ)

   ④波待ちをしながら乗る波を見極める

   ⑤波を追いかけて、いざテイクオフ! 


① サーフィンのルールとマナーと注意点

サーフィンのルールには様々なものがありますが、世界共通の最低限のサーフィンの基本ルールがあります。

 

世界共通のサーフィンの基本4ルール】

Ⅰピークが優先

Ⅱワンマンワンウェイブ

Ⅲ前乗り禁止

Ⅳライディング、テイクオフ中の人が優先(周りにいる人は、ライディングやテイクオフ中の人を避ける・邪魔をしない)

波の(※)ピークに一番近い人が波に乗ったら、その波はその人のものです、他の人は次の波をねらいます。

(※ピークとは = 波が一番最初に崩れてくる所、波の頂点。) 

 

Ⅰ【ピークが優先】

波に乗る優先権があるのは(テイクオフできるのは)波のピークに一番近い人という基本的なルールです。

 

複数人で波を追いかけた時に、ほぼ同時に横並びでテイクオフできる時があります。

そんな時に波に乗れる優先権はピークに近い人にあります。

同時にテイクオフして、自分がピークより遠い場合は、すぐに波から(※)プルアウトしましょう。

(※プルアウト = ライディングを中止し波の裏側に逃げるテクニック。ライディング中の波から離脱する事。)

 

ブレイクポイント周辺にいる場合は、テイクオフする人の邪魔にならないようにラインを空けましょう。

 

Ⅱ【ワンマンワンウェイブ】

1つの波に対して1人しか波に乗れないという基本的なルールです。

正確には(※)レギュラーと(※)グーフィーの両方に崩れる波の場合は、両方に1人ずつ乗れるので2人乗れる事になります。

(※レギュラーの波とは = 陸から見て左側に崩れていく波。)

(※グーフィーの波とは = 陸から見て右側に崩れていく波。)

(※サーフィンでは、波とスタンスの両方に対してレギュラー・グーフィーという呼び方をします。どちらの事を指すのか、混同しないように注意・慣れが必要です。

レギュラーフッター = 進行方向に対して左足が前、右足が後ろになるスタンスの人。レギュラーフッターがレギュラーの波に乗ると、波を見ながらのライディングになるのでアクションしやすい。

グーフィーフッター = 進行方向に対して右足が前、左足が後ろになるスタンスの人。グーフィーフッターがグーフィーの波に乗ると、波を見ながらのライディングになるのでアクションしやすい。)

 

1つの進行方向に2人以上が乗っていると、非常に危険ですし邪魔になります。

波の優先権が自分にあっても他人に波をゆずる等、ゆとりを持ってサーフィンしましょう。

 

Ⅲ【前乗り禁止(ドロップイン禁止)】

既に誰かが乗っている波に後からテイクオフすることです。(前乗り=ドロップインとも言います)

とても邪魔ですし、ぶつかると危険です。もし自分が前乗りをしてしまったら、すぐにプルアウトし謝りましょう。

 

Ⅳ【ライディング・テイクオフ中の人が優先】

波に乗っている人や、波に乗ろうとしている人がいる場合、

ゲッティングアウトや波待ちをしている人は、邪魔にならないようその人のラインから外れましょう。

 

沖に向かってパドリングしている時に、自分の進行方法の真正面から波に乗っている人が来たら、

基本的に、既にブレイクした方(スープ側)へ回避します。

しんどい方に避けることになりますが、ライディング中の人にスペースを空ける事が優先です。

 

ゲッティングアウト中に、沖から波に乗ってくる人がいる場合は大きく迂回しましょう。

波待ちをしていて、自分より沖(ピーク)の人がテイクオフの体制に入った場合は、その人の進行方向から外れるよう移動しましょう。

 

 

Ⅴ【サーフィンのマナー】

・周りに人がいる場合は、同じ波・空間をシェアするゆとりのある気持ちを持ちましょう。

・子供や女性、初心者に波をゆずるゆとりを持ちましょう

・ロングボード・上手な人は波を独占せず、みんなで波をまわす等ゆとりを持って気持ちよくサーフィンしましょう。

・集団でブレイクポイントに入って行ったり、大声で騒ぐ等、その場の空気を壊す行為は控えましょう。

 

 

Ⅵ【サーフィンの注意点】

・サーフィンは基本的に自然の中で行うものです。全ての事故、災害は自己責任です。

・ビジターサーファーは、その海・環境・周辺住民・ローカルサーファーに敬意を払いましょう。

・海から上がってからのマナーにも気をつけましょう。

・海の上で両手を振らない。ライフセービングの世界では、海の上で救助を呼ぶときは両手を振るという世界共通認識があります。救助してほしい時はためらわず大きく両手を振りましょう。

 

 

Ⅶ【参考 日本サーフィン連盟 ルール&マナー】

日本サーフィン連盟(NSA)のサイトではルール&マナーが詳しく紹介されています。(NSAルール&マナー

その他にもテクニックやトラブルへの対応方法等、初心者の方に役に立つ情報が紹介されています。


スポンサードリンク


【サーフィン初心者講座】

1、サーフィンに必要な道具を揃える

   ①サーフボードの選び方

    Ⅰサーフボードの分類

    Ⅱサーフボードを選ぶ際に最も重要な浮力表

    Ⅲサーフボード各部位の名称

    Ⅳサーフボードの長さの目安

    Ⅴサーフボードの価格帯

   ②その他サーフグッズを選ぶ

    Ⅰサーフィンをする上で最低限に必要な物 5点

    Ⅱ海や波の状況によって必要になる物 4点

    Ⅲ車載用サーフグッズ

    Ⅳあると便利なサーフグッズ

    Ⅴサーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選

   ③海に行く前の準備(道具の準備は?体調は?移動手段は?)

    Ⅰどんな準備が必要?~道具を準備する~

    Ⅱ体調は?~体調管理が大切です~

    Ⅲどうやってサーフポイントまで?~移動手段を準備する~

    Ⅳ車のタイプ別の車内積載可能ボード数

    Ⅴ車以外の手段で海に行く

 

2、サーフポイントを選ぶ

   ①波情報サイトで直近の波情報や予想を確認する

   ②気象庁のサイトで気象警報・注意報を確認する

   ③初心者にもおススメのサーフスポット

   ④ライブカメラでリアルタイムの波をチェック

 

3、テイクオフまでの流れ

   ①サーフィンのルールとマナーと注意点

    Ⅰピークが優先

    Ⅱワンマンワンウェイブ

    Ⅲ前乗り禁止(ドロップイン禁止)

    Ⅳライディング中、テイクオフ中の人が優先

    Ⅴサーフィンのマナー

    Ⅵサーフィンの注意点

    Ⅶ参考 日本サーフィン連盟 ルール&マナー

   ②準備運動、カレントや危険な場所の確認

   ③ゲッティングアウト(パドリングとドルフィンスルーでブレイクポイントへ)

   ④波待ちをしながら乗る波を見極める

   ⑤波を追いかけて、いざテイクオフ! 

【サーフィン初心者講座】

1、サーフィンに必要な道具を揃える

   ①サーフボードの選び方

    Ⅰサーフボードの分類

    Ⅱサーフボードを選ぶ際に最も重要な浮力表

    Ⅲサーフボード各部位の名称

    Ⅳサーフボードの長さの目安

    Ⅴサーフボードの価格帯

   ②その他サーフグッズを選ぶ

    Ⅰサーフィンをする上で最低限に必要な物 5点

    Ⅱ海や波の状況によって必要になる物 4点

    Ⅲ車載用サーフグッズ

    Ⅳあると便利なサーフグッズ

    Ⅴサーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選

   ③海に行く前の準備(道具の準備は?体調は?移動手段は?)

    Ⅰどんな準備が必要?~道具を準備する~

    Ⅱ体調は?~体調管理が大切です~

    Ⅲどうやってサーフポイントまで?~移動手段を準備する~

    Ⅳ車のタイプ別の車内積載可能ボード数

    Ⅴ車以外の手段で海に行く

 

2、サーフポイントを選ぶ

   ①波情報サイトで直近の波情報や予想を確認する

   ②気象庁のサイトで気象警報・注意報を確認する

   ③初心者にもおススメのサーフスポット

   ④ライブカメラでリアルタイムの波をチェック

 

3、テイクオフまでの流れ

   ①サーフィンのルールとマナーと注意点

    Ⅰピークが優先

    Ⅱワンマンワンウェイブ

    Ⅲ前乗り禁止(ドロップイン禁止)

    Ⅳライディング中、テイクオフ中の人が優先

    Ⅴサーフィンのマナー

    Ⅵサーフィンの注意点

    Ⅶ参考 日本サーフィン連盟 ルール&マナー

   ②準備運動、カレントや危険な場所の確認

   ③ゲッティングアウト(パドリングとドルフィンスルーでブレイクポイントへ)

   ④波待ちをしながら乗る波を見極める

   ⑤波を追いかけて、いざテイクオフ!