【サーフィン初心者講座】

3 テイクオフまでの流れ

③ゲッティングアウト(パドリングとドルフィンスルーでブレイクポイントへ)

サーファーズオーシャン サーフィン動画


スポンサードリンク


【サーフィン初心者講座】

3、テイクオフまでの流れ

   ①サーフィンのルールとマナーと注意点

    Ⅰピークが優先

    Ⅱワンマンワンウェイブ

    Ⅲ前乗り禁止(ドロップイン禁止)

    Ⅳライディング中、テイクオフ中の人が優先

    Ⅴサーフィンのマナー

    Ⅵサーフィンの注意点

    Ⅶ参考 日本サーフィン連盟 ルール&マナー

   ②準備運動、カレントや危険な場所の確認

   ③ゲッティングアウト(パドリングとドルフィンスルーでブレイクポイントへ)

   ④波待ちをしながら乗る波を見極める

   ⑤波を追いかけて、いざテイクオフ! 


③ ゲッティングアウト(パドリングとドルフィンスルーでブレイクポイントへ)

いざ海に入る準備ができたら、サーフボードを持って海に入ります。

腰が海水に浸かるまでは歩いて沖に向かった方が楽だと思います。

ジャンプして波を超えられなくなったら、サーフボードの上に腹這いになりパドリング開始です。

 

波がブレイクしてない時はチャンスですのでしっかりパドリングして沖のブレイクポイントに向かいます。

ブレイクしている波が近づいてきたらドルフィンスルー(※以下、ドルフィンと言います)をします。

パドリング、ドルフィン、パドリング、ドルフィンの繰り返しで沖に出ます。

 

ドルフィンは腕立て伏せと同じ動きで結構疲れます、遠回りしてでもできるだけドルフィンしないですむコースを見つけましょう。

ドルフィンは5回以内で沖に出るのが理想です。

 岸からブレイクポイントまで垂直に真っ直ぐ向かうと、波をかぶって岸に戻されたり、波に乗ってくる人の邪魔になります。

少し大回りして、ブレイクしていない所を通ってポイントを目指しましょう。

 

最初はパドリングしても前に進まず、(※)スープにつかまり、じたばたしてしまう時があります。

パドリングしても前に進まない主な理由が2つあります。

  • 体の重心(みぞおちの少し下)で、サーフボードをしっかり押さえてバランスをとれないため、ふらついて無駄に推進力が失われる。(しっかりと身体の重心でバランスをとれていれば、軽いパドリングでも確実に前に進みます。)
  • ドルフィンスルーが上手くできず、スープが来るたびに岸に押し戻されている。(波にもよりますがドルフィンをすることで沖に進む事もできます。)

(※スープとは = 波がブレイクした後の白い泡を伴って向かってくる波。岸に向かって真っ直ぐテイクオフして進むことはできますが、横に走ることは難しい。波に押される感覚や海面を滑る感覚がつかめるので、初心者の方にはテイクオフの練習におススメです。)

(※ドルフィンスルーとは = 向かってくる波に対して、タイミングを合わしてサーフボードと身体を沈め、波の下に潜って波の力をかわす事。よくドルフィンと略されます。)

 

サーフィン ビギナーズバイブル ゲット編

ドルフィンは、サーフボードを海に沈めるタイミングと、自分が海に潜るタイミングが重要です。

波の上を越えていけない時(分厚いスープが迫っているか、

波が張っていてそのままだとひっくり返されてしまう時)に、ドルフィンスルーで波をくぐります。

 

身体の重心で、しっかりとバランスがとれるようになり、ドルフィンができるようになれば、沖に出られる事が増えてきます。

パドリングしながら、バランスを保つ事ができるようになるには、慣れが必要です。

 

バランスを覚える事は自転車に乗れるようになるのと同じです。

最初は感覚が解りませんし、乗れるようになってもしばらくはふらつきます。

慣れるとしっかりと真っ直ぐこぐ事ができるようになりますし、一度覚えると何年たってもその感覚は忘れません。

できる限り短期間に長い時間、水の上でパドリングしてバランス感を養いましょう。

 

パドリングするための筋力が衰えないようにするためには最低でも週に一度くらいはパドリングしなければいけません。

海から遠い京阪神のサーファーは、プールでの筋力維持がおススメです。

クロールでバタ足せずに、手だけで漕ぐようにする動作がパドリングに似ていて、パドリングに必要な筋力を維持することができます。

 

川や池でのパドリングの練習も上達にはおススメですが、川や池で練習する時は、必ずルールを守って行ってください。


スポンサードリンク


【サーフィン初心者講座】

1、サーフィンに必要な道具を揃える

   ①サーフボードの選び方

    Ⅰサーフボードの分類

    Ⅱサーフボードを選ぶ際に最も重要な浮力表

    Ⅲサーフボード各部位の名称

    Ⅳサーフボードの長さの目安

    Ⅴサーフボードの価格帯

   ②その他サーフグッズを選ぶ

    Ⅰサーフィンをする上で最低限に必要な物 5点

    Ⅱ海や波の状況によって必要になる物 4点

    Ⅲ車載用サーフグッズ

    Ⅳあると便利なサーフグッズ

    Ⅴサーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選

   ③海に行く前の準備(道具の準備は?体調は?移動手段は?)

    Ⅰどんな準備が必要?~道具を準備する~

    Ⅱ体調は?~体調管理が大切です~

    Ⅲどうやってサーフポイントまで?~移動手段を準備する~

    Ⅳ車のタイプ別の車内積載可能ボード数

    Ⅴ車以外の手段で海に行く

 

2、サーフポイントを選ぶ

   ①波情報サイトで直近の波情報や予想を確認する

   ②気象庁のサイトで気象警報・注意報を確認する

   ③初心者にもおススメのサーフスポット

   ④ライブカメラでリアルタイムの波をチェック

 

3、テイクオフまでの流れ

   ①サーフィンのルールとマナーと注意点

    Ⅰピークが優先

    Ⅱワンマンワンウェイブ

    Ⅲ前乗り禁止(ドロップイン禁止)

    Ⅳライディング中、テイクオフ中の人が優先

    Ⅴサーフィンのマナー

    Ⅵサーフィンの注意点

    Ⅶ参考 日本サーフィン連盟 ルール&マナー

   ②準備運動、カレントや危険な場所の確認

   ③ゲッティングアウト(パドリングとドルフィンスルーでブレイクポイントへ)

   ④波待ちをしながら乗る波を見極める

   ⑤波を追いかけて、いざテイクオフ!