NSA(一般社団法人 日本サーフィン連盟)


スポンサードリンク


NSAとは、(nippon surfing association)の略で、読み方は(ニッポン サーフィン アソシエーション)です。

NSAは、会員数は約1万3千人を誇る、日本で最大のアマチュアサーフィン団体です。

NSAでは、1~5級のサーフィン技術検定や、NSA公認審判員・NSA公認指導員の養成や認定、ISA(国際サーフィン連盟)の国際指導員認定プログラムで講義や実習、試験を行っています。サーフィン検定スクールを開催できるようになる、スクール審査員の認定も行っております。

その他にも、日本国内でのサーフィン競技規則の制定、各地で行われるサーフィン競技会の公認等、国内での幅広い活動を行う団体です。正式名称は、一般社団法人日本サーフィン連盟です。

(外部リンク:NSA公式HP

(外部リンク:NSAサーフィン検定

 

NSA会員になると、以下の特典が受けられます。

【正会員及びオープン会員】波情報無料配信・サーフィン賠償責任保険・級別の大会出場資格・年間誌のお届け

【正会員のみ】全日本、ジュニアマスターズ、グラチャンの大会出場資格・サーフィン検定5級免除

(年会費:正会員=5,000円/大人、3,000円/小人・オープン会員=3,500円)

(外部リンク:NSA会員とは?

 

NSAでは毎年、全日本サーフィン選手権大会やその他競技会を開催し、大会結果や保持級に応じてポイントを付与し、NSAポイントランキングを公表しています。

(外部リンク:NSAポイントランキング

 

全国に約500名いる公認指導員がインストラクターを行う、NSA公認初心者スクールが全国で開催されています。

(外部リンク:NSAサーフィンスクール一覧

 

日本サーフィン連盟 大阪支部

(外部リンク:日本サーフィン連盟 大阪支部) 

 

【以下、NSA 公式HP 団体概要より抜粋】

(外部リンク:NSA団体概要

団体名 一般社団法人 日本サーフィン連盟

設立年月日 1965年11月15日(2010年11月1日より一般社団法人として運営開始)

所在地 〒113-0034 東京都文京区湯島1-7-9 お茶の水ウチヤマビル4F

TEL:03(3818)0612 FAX:03(3818)9903

 

E-mail:info@nsa-surf.org H.P.:http://www.nsa-surf.org

 

1 設立の目的

本連盟は、我が国におけるサーフィン界を代表し、その中枢機関としてサーフィン競技の健全なる発展ならびにサーフィンの普及を図り、併せてサーフィンを通じて海への関心を高め、健康な身体の育成を図り、国内及び海外のサーファーとの親睦を目的とする。

 

2 主な事業

(1)全日本サーフィン選手権大会、その他の競技会の開催。

(2)各種サーフィン競技会の後援及び公認、そして競技会日程の掌握。

(3)サーフィン技術に関する資格の審査。

(4)サーフィンに関する一般への正しい普及。

(5)サーフィンに適した海岸の開発及び「サーフィン専用区域」の指定。

(6)サーフィンに対する安全と事故防止のための講習会の実施及びこれに類する活動。

(7)海外競技会に出場するものの資格審査。

(8)我が国のサーフィン競技規則の制定。

(9)アマチュア資格の決定及び審査。

(10)サーフボードを利用した人命救助方法の講習会及びこれに類する活動。

(11)公認審判員及び指導員などの認定ならびに養成。

(12)機関紙及び刊行物の発行。

(13)その他、本連盟の目的を達成するための必要な事業。

※当連盟はIOC承認国際競技団体連合(ARISF)の国際競技連盟(IF)に属する国際サーフィン連盟(ISA)の国内唯一の団体です。

 

3 概要

(1)会員数  約13,000名(正会員:約11,000名、オープン会員:約2,000名)

(2)支部数  全国70支部

(3)チーム数 約1,200チーム

(4)協力店数 約700店舗

 

4 主催大会及び主な国際大会への派遣

(1)主催大会 全日本サーフィン選手権大会、全日本級別サーフィン選手権大会、

         ジュニアサーフィン選手権大会・マスターズサーフィン選手権大会

         ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES

(2)派遣大会 世界サーフィン選手権大会、世界ジュニアサーフィン選手権大会、

         世界マスター選手権大会、世界ロングボード選手権大会、

         世界ボディボード選手権大会、世界SUP選手権大会、

         アジアビーチゲームズ(アジアオリンピック評議会主催 2008年)、

         チャイナカップ他