サーフボードの選び方



サーフボード選びに大切なのは浮力です。

サーフボードの選び方で重要なのは浮力です。

自分の体重に合ったサーフボードを選びましょう。

 

初心者の方は、まずは大きなボードを選び、

波に押される感覚や立った時のバランスを覚えましょう。

テイクオフができるようになってくると、

少しずつサーフボードのサイズを小さくすることで、

ターンやホレた波でのアクションが可能になってきます。

 

初めはロングボードでパドリングやテイクオフを学び、

ファンボードでターンの感覚を覚え、

ショートボードで鋭く機敏な動きや、際どい所からのテイクオフ等が出来るように、

順を追って浮力を下げていくと各動作をしっかりと習得できると思います。

 

ショートボードは、テールやボトム、レールやフィン等の形状により違った性能を発揮します。

初めはオールラウンドに対応可能なラウンドテールにトライフィンをセットするのがおススメです。

 

ショートボードのサイズは、最初は自分の身長と同じくらいかそれより長いボードの方が、

浮力が高くてテイクオフもしやすいと思います。

上級者は、板の長さが短く厚みも薄い方がサーフボードが軽ので、

鋭くて機敏なライディングがしやすくなります。

 

初めは中古の大き目のサーフボードでテイクオフを練習し、

テイクオフして横に滑れるようになってから、

次に目指す技やスタイルを実現できるサーフボードを探してもいいかと思います。


下記の各ページで詳細の説明をしております。

是非ご参考にご覧ください。

(このHPではショートボートを中心に説明しております。)

 

サーフボードの分類(サーフボードの形状には様々なものがあり、ショート・ロングのように分類できます。)

サーフボードを選ぶ際に最も重要な浮力表

サーフボード各部位の名称

サーフボードのサイズの目安

サーフボードの価格帯

・サーフボードの紹介

・中古ボードの紹介

・デッキパッド(デッキパッチ)

・リペアキット(サーフボードの修理キット)



サーフボードの紹介


中古サーフボードの紹介


デッキパッド(デッキパッチ)

デッキパッドは様々なカラーや形があります。

自分の好みのデッキパッドでお気に入りのサーフボードにしましょう。

 

サーフショップでサーフボードを購入する際はまとめて買えばお店の方が綺麗に貼ってくれます。

自分で貼る時は空気が残らないように注意しながら貼りましょう。

フィンカップの周りに0.5mm~1cm位の間が空くように貼るとちょうどいいと思います。

 


スポンサードリンク


リペアキット(サーフボードの修理キット)

サーフボードに穴が開いたり破損すると中に海水が入り込み、サーフボードの性能が低下します。

 

サーフボードが破損した場合の応急処置として、アルミテープを貼る事で海水の侵入を防ぐことができます。

家に帰ってから、アルミテープを剥がして良く乾燥させた後にリペア(修理)します。

 

正しくは損傷個所にガラスシートを被せて、ウレタンで染み込ませて固め、余っている所をきれいに削るという手順で行います。

見た目は良くないですが、硬化するボンド等で塞ぐ事でも海水の侵入は防ぐことができます。


その他サーフボード関連商品


サーフグッズは沢山あります。

必ず必要な物、海の状況によって防寒や怪我から守るために必要な物、

車で海に行く時に必要になる車載用サーフグッズ、あると便利なサーフグッズ、

プレゼントに最適なアイテム等、

個別ページにて詳しく説明しております。

通販商品も多数紹介しております、是非ご参照ください。

 

サーフィンをする上で最低限に必要な物 5点

特に、自分に合った「サーフボード」を選ぶ事はとても大切です。

 

①「サーフボードの選び方

サーフボードの分類(サーフボードの形状には様々なものがあり、ショート・ロングのように分類できます。)

サーフボードを選ぶ際に最も重要な浮力表

サーフボード各部位の名称

サーフボードのサイズの目安

サーフボードの価格帯

・サーフボードの紹介

・中古サーフボードの紹介

・デッキパッド(デッキパッチ)

・リペアキット(サーフボードの修理キット)

 ②「フィン(FCS・FCS2・Future)

・フィン(FCS)

・フィン(FCS2)

・フィン(フーチャー)

・フィンキー

③「リーシュコード」(パワーコード)

④「ウェットスーツの選び方

・サーフパンツ

ラッシュガード

インナー

ベスト、タッパー(上半身のみ)

スプリング (半袖半パン)

ロンスプ(長袖半パン)

シーガル(半袖長ズボン)

ジャージフル(長袖長ズボン)

セミドライ(長袖長ズボン、半防水:首回りや足首から水が入る)

・ドライスーツ(長袖長ズボン、完全防水)

その他サーフウェア

ワセリン(擦れ防止の軟膏剤)

ウェットボンド、ウェットリペア(ウェットの修理)

ウェットスーツ便利グッズ

⑤「ワックス

・ワックス 

・スクレーバー(ワックス剥がし)

・リムーバー(ワックス落とし)

 

サーフボードを傷や破損から守り、持ち運びに便利

ボードケース

・ハードケース

・ニットケース

・デッキカバー

 

海や波の状況によって必要になる物 4点

極寒の海で体温を守る

①「冬用サーフブーツ

②「冬用グローブ

③「ヘッドキャップ

・ネックウォーマー

・アンクルベルト

岩やサンゴの上を歩いても足を切らないように

④「リーフブーツ」(「サーフブーツ」「リーフシューズ」「岩場用シューズ」)

・薄型リーフブーツ(足の甲を縛らないタイプ、ダイビングや海水浴、川遊びにも使えます)

・大きい波用リーフブーツ(足の甲を縛るタイプでダックダイブでも脱げない)

 

車載用サーフグッズ

キャリアベルト」(車内の天井や車の屋根に固定するのに便利)

・サーフボードの車載方法

サーフロック」(サーフィン中の車の鍵はキーボックスにパスワードをかけて盗難を予防)

ポリタンク・お湯」(サーフポイントによってはシャワーがありません)

車のシートカバー」(ウェットスーツを着たまま移動なんて事も出来ます)

着替え用バケツ」(着替える時の足場に、濡れたウェットを入れるため)

ウェットバック」(濡れたウェットを入れるため)

バスタオル」「お着替えポンチョ

 

あると便利なサーフグッズ

ワセリン」(擦れ防止の軟膏剤)

フィンキー」(フィンを外すための六角レンチ)

リペアキット」(サーフボードの修理キット)

ウェットボンド、ウェットリペア」(ウェットの修理)

ビーチサンダル」(車から海まで歩く時に)

「ビニール袋」(冬用ウェットを着る時とても楽です)

「アルミテープ」(サーフボード破損の応急処置に)

 

サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選

①サーフボード

②スケボー(カーヴァー:CARVER)

③SUP(サップ:スタンドアップパドルボード)

④オーダーウェットスーツ

⑤タイドグラフ付腕時計(サーフウォッチ)

⑥カメラ(アクションカメラ:ウェアラブルカメラ:防水カメラ:GoPro)

⑦フィン

⑧ボードケース

⑨サーフィンDVD

⑩お着替えポンチョ

⑪ラッシュガード

⑫WAX等の消耗品

 

 

その他にも様々なサーフグッズがあります。

それぞれ自分に合った道具を選びましょう。


スポンサードリンク