リーフブーツ

(サーフブーツ、リーフシューズ、岩場用シューズ)


スポンサードリンク


リーフ(サンゴや岩場)の上を歩く時や、

海に入る所が岩場やフジツボ等の貝類が密集している所では、

足を切って怪我をしてしまわないよう「リーフブーツ」を履きます。

 

浅瀬まで波に乗り過ぎて、水深がスネ位しかない所に飛び降りると足の裏を切ったり、

(※)ゲッティングアウトの際に浅瀬を歩いていると、サンゴや岩の間に足が挟まって怪我をする事等があります。

「リーフブーツ」を履いていると、車からサーフポイントまで安心して歩けて、

波打ち際でも海底の岩を踏み込んだりできるので、おススメです。

(※ゲッティングアウトとは = パドリングでブレイクポイントに向かう事、沖に出る事。) 

 

「リーフブーツ」は足の裏部分が固く分厚い素材でできていて、リーフや貝などを踏んでも痛くありません。

足の裏以外が薄いジャージ素材で作られている物は、ダイビングや海水浴、川遊びにも使えて便利です。

くるぶしの下までしか無いタイプだと、大きな波をダックダイブ(ドルフィンスルー・波の下をくぐる事)する際に

脱げて紛失する事があります。

(ハワイでダブル位の波でダックダイブを何度かしたら2日で片方ずつ脱げて無くなりましたw)

大きな波で使用する場合は、脱げないようにジップタイプや縛れるタイプの物にしましょう。

 

どの商品もご購入の際は、サイズを間違えないように注意しましょう。

リーフブーツのサイズが大きいと、足が浮いて水が入って脱げやすくなったり、

靴の中で滑るとサーフィンに支障をきたすので、

しっかりと自分の足のサイズにあった物を選びましょう。

 

サーフィン中は、気になる人と気にならない人に分かれますが、

気になる人・感覚が鈍る・スタンスが決まりにくい等、管理者の独断と偏見では否定的な人の方が8割くらいです。

 

リーフブーツを履いていても、サーフボードにはワックスを塗っていないと、

足が滑りますので、ワックスは裸足の時と同じように塗っておきましょう。

 

沖縄や海外ではリーフポイントでのサーフィンは当たり前で、

干潮近くになるとサンゴの上を歩かなければいけない事もあります。

沖縄や海外へサーフトリップする際は必ず持っていきましょう。

 

ダイビングや海水浴、川遊びの時にも重宝しますので、是非一足は準備しておく事をおススメします。

 

「リーフブーツ」と「冬用サーフブーツ」の違いは、

冬用サーフブーツ」は、防寒用に水を通しにくい素材でできている事が多いです。

素材も厚くて、裏地が保温しやすい形状になっていたりと様々な種類があります。

冬用グローブ」と同じ寒い時期に必要になってきます。

 



薄型リーフブーツ(足の甲を縛らないタイプ、ダイビングや海水浴、川遊びにも使えます)

サイズや色など、購入の際はしっかりと確認しましょう。


大きい波用リーフブーツ(足の甲を縛るタイプでドルフィンスルーでも脱げない)

サイズや色など、購入の際はしっかりと確認しましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FCS,エフシーエス,サーフィン,ブーツ,リーフ●SLV REEF BOOTIE リーフブーツ
価格:4838円(税込、送料別) (2019/5/17時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FCS エフシーエス SP2 REEF BOOTIE リーフブーツ 8サイズ【ポイントアップ】
価格:5356円(税込、送料無料) (2019/5/17時点)

楽天で購入


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クイックシルバー サーフブーツ メンズ 2mm サーフィンブーツ Quiksilver Surf Boots
価格:5400円(税込、送料別) (2019/5/17時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビラボン サーフブーツ 2mm サーフィンブーツ Billabong Surf Boots
価格:5400円(税込、送料別) (2019/5/17時点)

楽天で購入



その他防寒、冬用リーフブーツ、冬用グローブ

サイズや色など、購入の際はしっかりと確認しましょう。

また、生地の厚さで〇mmと記載がありますが、こちらは防寒性能に違いがあります。

5mmを履くのは真冬の雪が降る位寒い時です。春や秋は3mmで十分です。生地の厚さもしっかりと確認しておきましょう。


サーフグッズは沢山あります。

必ず必要な物、海の状況によって防寒や怪我から守るために必要な物、

車で海に行く時に必要になる車載用サーフグッズ、あると便利なサーフグッズ、

プレゼントに最適なアイテム等、

個別ページにて詳しく説明しております。

通販商品も多数紹介しております、是非ご参照ください。

 

サーフィンをする上で最低限に必要な物 5点

特に、自分に合った「サーフボード」を選ぶ事はとても大切です。

 

①「サーフボードの選び方

サーフボードの分類(サーフボードの形状には様々なものがあり、ショート・ロングのように分類できます。)

サーフボードを選ぶ際に最も重要な浮力表

サーフボード各部位の名称

サーフボードのサイズの目安

サーフボードの価格帯

・サーフボードの紹介

・中古サーフボードの紹介

・デッキパッド(デッキパッチ)

・リペアキット(サーフボードの修理キット)

 ②「フィン(FCS・FCS2・Future)

・フィン(FCS)

・フィン(FCS2)

・フィン(フーチャー)

・フィンキー

③「リーシュコード」(パワーコード)

④「ウェットスーツの選び方

・サーフパンツ

ラッシュガード

インナー

ベスト、タッパー(上半身のみ)

スプリング (半袖半パン)

ロンスプ(長袖半パン)

シーガル(半袖長ズボン)

ジャージフル(長袖長ズボン)

セミドライ(長袖長ズボン、半防水:首回りや足首から水が入る)

・ドライスーツ(長袖長ズボン、完全防水)

その他サーフウェア

ワセリン(擦れ防止の軟膏剤)

ウェットボンド、ウェットリペア(ウェットの修理)

ウェットスーツ便利グッズ

⑤「ワックス

・ワックス 

・スクレーバー(ワックス剥がし)

・リムーバー(ワックス落とし)

 

サーフボードを傷や破損から守り、持ち運びに便利

ボードケース

・ハードケース

・ニットケース

・デッキカバー

 

海や波の状況によって必要になる物 4点

極寒の海で体温を守る

①「冬用サーフブーツ

②「冬用グローブ

③「ヘッドキャップ

・ネックウォーマー

・アンクルベルト

岩やサンゴの上を歩いても足を切らないように

④「リーフブーツ」(「サーフブーツ」「リーフシューズ」「岩場用シューズ」)

・薄型リーフブーツ(足の甲を縛らないタイプ、ダイビングや海水浴、川遊びにも使えます)

・大きい波用リーフブーツ(足の甲を縛るタイプでダックダイブでも脱げない)

 

車載用サーフグッズ

キャリアベルト」(車内の天井や車の屋根に固定するのに便利)

・サーフボードの車載方法

サーフロック」(サーフィン中の車の鍵はキーボックスにパスワードをかけて盗難を予防)

ポリタンク・お湯」(サーフポイントによってはシャワーがありません)

車のシートカバー」(ウェットスーツを着たまま移動なんて事も出来ます)

着替え用バケツ」(着替える時の足場に、濡れたウェットを入れるため)

ウェットバック」(濡れたウェットを入れるため)

バスタオル」「お着替えポンチョ

 

あると便利なサーフグッズ

ワセリン」(擦れ防止の軟膏剤)

フィンキー」(フィンを外すための六角レンチ)

リペアキット」(サーフボードの修理キット)

ウェットボンド、ウェットリペア」(ウェットの修理)

ビーチサンダル」(車から海まで歩く時に)

「ビニール袋」(冬用ウェットを着る時とても楽です)

「アルミテープ」(サーフボード破損の応急処置に)

 

サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選

①サーフボード

②スケボー(カーヴァー:CARVER)

③SUP(サップ:スタンドアップパドルボード)

④オーダーウェットスーツ

⑤タイドグラフ付腕時計(サーフウォッチ)

⑥カメラ(アクションカメラ:ウェアラブルカメラ:防水カメラ:GoPro)

⑦フィン

⑧ボードケース

⑨サーフィンDVD

⑩お着替えポンチョ

⑪ラッシュガード

⑫WAX等の消耗品

 

 

その他にも様々なサーフグッズがあります。

それぞれ自分に合った道具を選びましょう。


スポンサードリンク