【サーフィン動画】

日本に4つしかない人工ウェーブプール



サーフィン動画-人工ウェーブプール-サーファーズオーシャン

日本に4つある人工ウェーブプール。人工波の動画や施設公式HP等をご紹介。

・「サーフスタジアム」静岡県牧之原市(2021年8月営業開始)

・「ラ・レイエス湘南」神奈川県足柄上郡(2021年12月営業開始)

・「コウベレイーズ」兵庫県神戸市北区(2016年7月営業開始)

・「citywave Tokyo sakaimachi」茨城県境町(2021年8月閉園元スポル品川大井町)(2022年3月茨城県境町に移転し営業再開予定)

・海外のウェーブプール紹介では、オーストラリアで開発中の「サーフレイクス」や、ケリースレーターが作った完璧なバレルが発生する「サーフランチ」も紹介しています

・2007年に閉鎖した宮崎シーガイア「オーシャンドーム」の貴重映像もあります





①「サーフスタジアム」静岡県

静岡県牧之原市静波で2021年8月16日に一般営業を開始した「サーフスタジアム【SURF STADIUM】」。波のクオリティが高い事は動画でも解ります。東京オリンピックでサーフィン日本代表選手やアメリカ代表選手たちの合宿に使用され話題になりました。

公式HP:https://www.surfstadium-japan.co.jp/

施設紹介:https://www.surfstadium-japan.co.jp/post/my-new-travel-bucket-list

料金(上級コース):8,800円(税込)

料金(中級コース):8,800円(税込)

料金(初級コース):6,600円(税込)

貸切料金:23万円(税込)/1時間~

(※2021/12/11時点)

『静波サーフスタジアム』で東京五輪サーフィン日本代表が直前合宿!(3:06)FUNQチャンネル

東京五輪サーフィン日本代表が合宿を敢行。今回は日本へ未入国の五十嵐カノアを除いた3人(大原洋人、前田マヒナ、都筑有夢路)が参加。7/7七夕に入籍したばかりのヒロトがエアを決め、日本女子初のCTサーファーアムちゃんがリップをかまし、ハワイ育ちのマヒナが流石のチューブライドで魅せる!

「静波サーフスタジアム」遂にオープン!テストライディングの感想/テイクオフ攻略のコツー静岡・牧之原市サーフィン専用人工ウェーブプール施設(6:38)BCM×THE SURF NEWS

全5種類の波をプロサーファーらがテストライドし、「静波サーフスタジアム」攻略のカギとなるテイクオフのコツをアドバイス。

日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」で、ロッチ中岡がカレンダープロジェクトとして、都筑有夢路プロと大野修聖プロからコーチを受けチューブライドを目指す企画が、2021年10月24日に放送された時にも話題になりました。


②「ラ・レイエス湘南」神奈川県

神奈川県足柄上郡大井町で2021年12月6日に一般営業を開始した「ラ・レイエス湘南【la reyes shonan】」。コウベレイーズの造波装置とは異なる新しい特許技術により波が造られます。他の造波装置とは違い、重力を利用しているため省電力でCO2削減にも考慮され、サスティナブルな仕組みが用いられています。

公式HP:https://la-reyes.com/

料金(アーリータイム):10,450円(税込)/100分

料金(レイトタイム):10,450円(税込)/150分

貸切料金(アーリータイム):16.5万円→11万円(税込)/100分

貸切料金(レイトタイム):16.5万円→11万円(税込)/150分

(※2021/12/11時点)


③「コウベレイーズ」兵庫県

兵庫県神戸市北区山田町で2016年7月に営業を開始した「コウベレイーズ【KOBE-REYES】」。独自の特許技術により波を発生させ、改良を重ねながら年々波質が向上しています。同じ形の波に何度も乗れるので、自分の悪い癖等もよくわかり、サーフィン上達に役立ちます。海で波のない日は、話題の人工ウェーブプールで遊んでみてはいかがでしょう?波に押される感覚や水の上をすべる感覚を覚えやすく、初心者にもおすすめです。2021年度は11月29日(月)が最終営業日で、2022年度の営業開始日は公式HPにてご確認ください。

公式HP:http://www.kobe-reyes.com/

料金(アーリータイム):10,450円(税込)/100分

料金(レイトタイム):10,450円(税込)/150分

貸切料金(アーリータイム):8万円/100分

貸切料金(レイトタイム):12万円/150分

(※2021/12/11時点)

【ウェーブプール】今話題の人工サーフィン施設コウベレイーズでサーフィンしてきた!(7:44)ドル君_Dory

てげてげ!どうもドル君です!今日は人工サーフィン施設「コウベレイーズ」に行ってきました!

サーファーズオーシャン コウベレイーズ2018/9/23 19時スタート 神戸市ウェーブプール(5:50)Surfers Ocean

関西でここだけにしかないウェーブプール。波のサイズはコシ位で、波が来る間隔は1分30秒でした。


④「citywave Tokyo sakaimachi」茨城県境町

東京都品川区大井町で2018年8月から3年間の期間限定で営業していたスポル品川大井町の「citywave Tokyo」。2021年8月末に閉園したスポル品川大井町の動画です。2022年3月茨城県境町に移転し「citywave Tokyo sakaimachi」として営業再開予定です。

公式HP:https://citywave-tokyo.jp/

スポル品川大井町『citywave Tokyo』ライディング映像(2018年8月1日)(1:19)BCMFilms

「スポル品川大井町」のグランドオープンにあわせて、アジア初上陸する人工サーフィン施設『citywave Tokyo』。

【極みシリーズ】久しぶりだけど波に乗れるの?【サーフィン】(9:14)だーりおCHANNEL/内田理央

都内で人工波に乗れる施設に行ってきました!!


⑤海外のウェーブプール

世界に目を向けると、海のない場所でもサーフィンができる人工ウェーブプールは、様々なリゾート地で導入されています。様々な造波装置や造波方法により、日本よりかなり開発が進んでいます。

「サーフレイクス」オーストラリア

オーストラリアに完成間近の「サーフレイクス」。新しい造波方法で今までより自然の波に近い形をしています。今世界が注目する新しいウェーブプールです。まるで海でサーフィンしているかのように感じます。全体の映像はCGを見ているかのような錯覚に陥ります。日本にもできることを願うばかりです。(参考 SURFMEDIA)「Surf Lakes」初の商業施設が2020年にオーストラリアのクイーンズランド州ゴールドコーストに建設

Surf Lakes' 5 Waves | The Official Corporate Video(4:19)SurferToday.com

「サーフレイクス」アメリカ ネバダ州

ラスベガスに完成間近の「サーフレイクス」。オーストラリアで先に開発中で未公開ですが、サーフレイクスの中ではラスベガスが最初の一般公開になると噂されています。

LVSL | Las Vegas Surf Lake(8:33)LVSL - Las Vegas Surf Lake

「サーフランチ」アメリカ カリフォルニア州

アメリカカリフォルニア州にある「サーフランチ」、ケリースレーターが作った完璧なバレルを作るウェーブプールです。過去にはWSLのCTも行われ、プロも認めるクオリティの波を作り出します。これこそマシンウェーブと言えるブレイクが続きます。日本に無いのが残念です。

Wave pool built by Kelly Slater(3:40)Vickie vodka

「BSRサーフリゾート」アメリカ テキサス州

アメリカテキサス州にある「BSRサーフリゾート」。静岡県牧之原市にて稼働中の「サーフスタジアム」と同じ造波装置です。ニューヨーク州やニュージャージー州でも稼働中で、2022年1月にはブラジルにも完成予定です。

CRAZY TEXAS WAVE POOL WITH BEN GRAVY!(10:51)Jamie O'Brien


⑥今は無き宮崎シーガイア「オーシャンドーム」

宮崎県宮崎市山崎町に1993年7月にオープンした宮崎シーガイアの「オーシャンドーム」という施設内にあったウェーブプールです。2007年9月に閉鎖され、その後も施設は残り様々な活用案が検討されたが再稼働には至らず、2017年4月に解体が完了しており、現在では更地のままになっています。(Wikipedia:シーガイア

ウェーブプール 宮崎シーガイア WATERSPOT(4:28)hhpink278

2006年です。波質は良く左右からロングショルダーの波、正面はレギュラー・グーフィー共にホレた波が楽しめます。私的にはテイクオフにかなり手こずりました(汗)これでも乗りやすいサイズにダウンしてもらってます。


サーフィン動画リンク

波情報・ライブカメラ