【サーフィングッズ紹介】

サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選



サーフグッズ紹介-サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選-サーファーズオーシャン

サーファーにサーフグッズのプレゼントを贈る時、どんな物が喜ばれるか、どんな事に気をつければいいか等をサーファーの立場に立って解り易く紹介しています。サーファーの彼氏・彼女や父の日のプレゼントに是非お役立てください。





①サーフボード

サーフグッズ紹介 サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選 サーフボード

サーファーが贈られて一番喜ぶアイテムです。サーフボードを贈られるという事は「もっとサーフィン楽しんで!もっとサーフィンにいってらっしゃい!」と自分を肯定されていると感じ、サーファーにはとても嬉しく思います。新しいサーフボードはどんな乗り心地なのか、次にサーフィンに行くまでずっとワクワクしていられます。サーファーにサーフボードを贈るのは最高のプレゼントです。

高価なイメージのサーフボード、値段はおおよそですが、ショートボードで3万円~30万円位、ロングボードで8万円~40万円位です。価額帯は、マシンシェイプ(既製品・量産品)かオーダーによるハンドシェイプ(各部位のサイズや形状を伝えて作る1点物)かによって大きく異なります。現在では、メジャーなサーフブランドのマシンシェイプのサーフボードに乗っている人がほとんどです。メジャーサーフブランドのマシンシェイプのショートボードで8~20万円位、サーフショップでハンドシェイプのショートボードで15万円位~です。安価なサーフボードだと3万円位~もあります。

サーフボード選びに役立つ情報をサーフボードの詳細ページで紹介していますので是非ご参照ください。


②スケボー(カーヴァー:CARVER)

サーフグッズ紹介 サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選 スケボー(カーヴァー:CARVER)

サーファーへのプレゼントには、サーフィンのレベルアップに最適な「スケボー」を贈るのはいかがでしょうか?これなら公園で一緒に遊べますし、形としても思い出としても残るので素敵なプレゼントになると思います。体幹も鍛えられるのでダイエットにも最適です。

サーファーにスケボーを贈る時は、よく見る短いスケートボード(ジャンプしたり板を回転させたりできるボード)ではなく、サーフィンに似た動きができる「CARVER(カーヴァー)」がおすすめです。中でも「C7スラスターシステム」というトラック(車軸)は、サーフィンの動きを再現できる優れものです。スケボー(カーヴァー)をすると、サーフィンの時のアップスやターンの感覚が鍛えられ、バランス感覚が良くなります。波が無くてサーフィンできない時のトレーニングにおすすめです。


③SUP(サップ)

サーフグッズ紹介 サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選 SUPサップ

サーファーへのプレゼントには、最近とても人気が高まっている「SUP(サップ)」を贈るのはいかがでしょうか?彼氏・彼女で一緒に遊べるのでおすすめです。体幹が鍛えられるのでダイエットにも最適です。モデルや芸能人も、体型や筋肉の維持に取り入れられています。

サップはバランスが大事で、体幹(インナーマッスル)をずっと使うので、太りにくくしなやかな筋肉になります。サーフィンの時のバランス感覚も良くなります。旦那さんへの父の日のプレゼントにいかがでしょうか。子供のサーフィン入門に、海で遊ぶ所からスタートできるので、親子でクルージングが楽しめます。


④ウェットスーツ

サーフグッズ紹介 サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選 ウェットスーツ

彼氏・彼女や旦那さん・奥さんと一緒にサーフショップに行き、ウェットスーツをプレゼントに贈るのはいかがでしょうか?ウェットスーツは3~5年位でゴムが劣化し必ず縮んできます。また、生地の繋ぎ目から裂けてくる等の傷みが出てくると、交換が必要な消耗品であるため、定期的に買い替える必要があります。サーファーパパへの「父の日のプレゼント」や「サーファーの彼氏へのプレゼント」にはおすすめです。

ウェットスーツには既製品(S/M/L等の定型サイズの量産品)とオーダー(体にフィットするよう採寸して作る)があります。既製品はネットでも購入できて便利ですが、サイズ選びに注意しましょう。オーダーする場合は、全国にあるムラサキスポーツや各サーフショップで採寸・購入できます。サイズ計測が必要なため、一緒に生地やデザイン、カラーを選ぶのも楽しく、完成するまでの期間は、2週間~2ヶ月位、冬の繁忙期の長い時で3ヶ月位かかりますが、待っている間も連絡を待ち遠しく思えます。

ジャージフルと呼ばれる春秋用は、既製品が主流で価格帯は約2万~5万円位です。セミドライスーツやドライスーツと呼ばれる真冬用は、オーダーが主流で価格が約5万~20万円位と高価です。

ウェットスーツの種類と選び方&使用時期と適正水温の目安

サーフグッズ紹介-ウェットスーツの種類と選び方&使用時期と適正水温

⑤タイドグラフ付腕時計(サーフウォッチ)

サーフグッズ紹介 サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選 タイドグラフ付き腕時計 おしゃれなサーフウォッチ

サーファーへのプレゼントには、サーフィンの時に便利な「タイドグラフ付きの腕時計」を贈るのはいかがでしょうか?タイド(潮の満ち引き)とサーフィンはとても関係が深いため、サーフィン中にも現在のタイドを知ることは大切です。おしゃれなサーフウォッチは普段使いでもカッコよくておすすめです。

海で時計を着けるおくと、セット(※1)の間隔を計ったり、既に何時間海に入っているのか、いつまで海に入っていられるか等を確認できて便利です。腕時計にタイドグラフ(潮の干満)がついているタイプなら、潮の動きを考慮してポイントを変える等ができておすすめです。沖縄や海外のリーフポイント(※2)では、潮がひいたらサーフィンできないサーフポイントが多くありタイドチェックが必須です。

(※1=波には周期があり、ウネリがまとまってサイズアップした波が3~5本くることがあり、まとめてセットといいます)

(※2=海底がリーフ(サンゴや岩場)で、危険なため上級者向けだがいい波が立ちやすい)


⑥防水カメラ

サーフグッズ紹介 サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選 カメラ(アクションカメラ:ウェアラブルカメラ:防水カメラ:GoPro)

サーファーへのプレゼントに、サーフィンの動画撮影に使える「防水カメラ」を贈るのはいかがでしょうか?あまり自分がサーフィンをしている所を見る機会はありませんが、防水カメラなら自分のライディングを確認できて上達にも役立ちます。

撮影方法は、サーフボードのノーズ辺りに取り付けて撮りっぱなしにしておくか、防水カメラに紐を付けて首にかけておき必要な時にスイッチを入れて撮影します。(首からかけれるちょうどいい長さの紐は、ほとんどの場合付属されていません。海で首からカメラをかけている人は大抵自分で紐を細工しています。)波待ちをしながら人を撮るのはまだ簡単ですが、波に乗りながら自分を撮るにはスキルが必要です。

アクションカメラで有名な「GoPro」は高価ですが、防水カメラにも様々な種類があり安価なアクションカメラでもきれいに撮影する事は可能です。


⑦フィン

サーフグッズ紹介 サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選 フィン

サーファーへのプレゼントとしては「フィン」を贈るのもおすすめです。フィンは他のサーフボードへの付け替えができるため、一つ持っているとなかなか買い替えなかったりするので、所有するフィンとは性能が違うフィンを贈るのがおすすめです。形として残る物ですし、部屋のインテリアとして飾ってもおしゃれです。

購入する時に気を付けたいのが、サーフボードのフィンカップの形状です。現在のショートボードは、futures(フューチャーフィン)とFCSⅡ(エフシーエスツーフィン)のどちらかのフィンメーカーが採用されています。

フィンの種類と選び方のページで、futuresとFCSⅡの違いを初心者にも解り易く解説、フィンの付け方や外し方も動画で紹介しています。

フィンの種類と選び方

サーフグッズ紹介-フィンの種類と選び方 フューチャーフィンfutures・FCS2フィン-サーファーズオーシャン

フィン(フューチャーフィン)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 PT10倍 FUTUREFINS フューチャーフィン AL MERRICK●RTM HEX 2.0 FAM1
価格:13904円(税込、送料別) (2022/1/20時点)

フィン(FCS2)


⑧ボードケース

サーフグッズ紹介 サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選 ボードケース

ボードケースは、サーフボードを衝撃から守ったり、デッキ(ボードの足をつく面)のワックスが車のシートに付くのを防ぎます。ハードケース・ニットケース(ソフトケース)・デッキカバー(ボードカバー)の3種類があり、車載や旅行等の用途別に使い分けると便利です。 

ボードケースは用途に合ったタイプを選びましょう。サイズはサーフボードの長さに合ったものを選びます。サイズを間違えないように注意しましょう。

ボードケースの選び方

サーフグッズ紹介-サーフボード-ボードケースの選び方&おすすめ7選-サーファーズオーシャン

ニットケース

ハードケース


⑨サーフィンDVD

サーフグッズ紹介 サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選 サーフィンDVD

海に着くまでのイメージトレーニングにもおすすめなのが「サーフィンDVD」です。形としても思い出としても残るので素敵なプレゼントになると思います。自宅ではYouTube等での動画閲覧が多いですが、海に着くまで車でサーフィンDVDを流せば、いいイメージやノリのいい音楽でテンションが上がります。何度も見ていると、波待ちしている時にもDVDで聞いた音楽が頭の中で流れてくるようになります。w


⑩お着替えポンチョ

海上がりに使うバスタオルは必須アイテムですが、サーフィン後に体を拭くだけでなく着替えの時にも使えて吸水力も抜群のポンチョタイプが人気でおすすめです。車内では、タオルケットやひざ掛けとして使用したり、丸めて枕にしたり、何かと便利です。風が強い時の風よけや、寒い時には防寒として被っている人もよく見かけます。是非一枚持っていたいアイテムです。

サーファーの彼氏や旦那さんへのプレゼントにおすすめです。ジップが無いタイプと、前が開くジップタイプがあります。


⑪ラッシュガード

サーフグッズ紹介 サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選 ラッシュガード

サーフィン中の擦り傷や日焼け、クラゲ等の有毒生物から皮膚を守るためのサーフィングッズとして、昔からサーファーの間では知られていましたが、近年ではサーフィン以外の様々なスポーツでも使用されています。

伸縮性と速乾性に優れていて、スポーツ以外にも広く普及し、着る日焼け止め・熱中症対策・体型や身体を隠すため等、様々な使い方ができます。ラッシュガードには、半袖・長袖・パーカー等のタイプがあり、海水浴や川遊び、プール、ダイビングにも使えて重宝します。海では日焼け止めを塗っても流れ落ちてくるため、日焼け対策には長袖のラッシュガードとレギンスタイプの併用がおすすめです

ラッシュガードのサイズ選びは普段のTシャツのサイズと同じでも問題ありませんが、サーフィンで使用する際に水中でバタバタと動くのが気になる場合はピッタリサイズを選びましょう。伸縮性に優れているため、多少身体の大きな方でも対応できます。サーフィンでラッシュガードを使用する場合は、擦り傷やクラゲから守るために長袖で、ドルフィンの時にも邪魔にならないピッタリしたタイプがおすすめです

ラッシュガード紹介

サーフグッズ紹介-ウェットスーツ-ラッシュガード-サーファーズオーシャン

⑫ワックス・リーシュコード等の消耗品

サーフグッズ紹介 サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選 ワックス

サーフィンで使用するワックスは、サーフボードのデッキ(足をつく面)に塗り、ライディング中に足が滑らないようにするために使います。サーフボードの中心~その少し上辺り、前足を置く位置に広く塗ります。

ワックスの塗り方は、最初に「ベースコート」を塗り、つぶつぶの素を作ります。更に季節ごとに硬さが違う「トップコート」をベースコートの上に塗ります。季節によって水温が変わる海では、季節毎に「トップコート」を使い分け、水温に合った硬さを選びましょう。メジャーなサーフポイントの近くではコンビニ等でもワックスが売られています。

ワックスの種類と選び方

サーフグッズ紹介-ワックスの塗り方・落とし方&おすすめ5選-サーファーズオーシャン

サーフィンで使用するリーシュコード(パワーコード)は、サーフボードとサーファーの足を繋ぎ、サーフボードが体から離れて波に流されないためにあります。ボードが流されると人に当たって怪我をさせてしまったり、泳いで取りに行くのは大変です。人に怪我をさせないためのマナーとして必ず装着するようにしましょう。リーシュコードの長さはサーフボードと同じか、少し長いものが適切な長さになります。リーシュコードの交換頻度は1年毎と言われています。

リーシュコードの選び方

サーフグッズ紹介-リーシュコードの選び方(長さ・太さ)付け方-サーファーズオーシャン

⑬その他サーフブランドのおしゃれアイテム

相手の好きなサーフブランドのおしゃれアイテムもおすすめです。

・BILLABONG(ビラボン)

・Quiksilver(クイックシルバー)

・Hurley(ハーレー)

・VOLCOM(ボルコム)

・RIP CURL(リップカール)

・RUSTY(ラスティ)

・RVCA(ルーカ)

等のサーフブランドが人気でおすすめです。


【サーフグッズ紹介】

サーフボード

デッキパッド・ボードケース

フィン・リーシュ・ワックス

ウェットスーツ

ワセリン・ウェットボンド

リーフブーツ

車に積んでおきたいグッズ11選・サーフグッズのプレゼント12選


波情報・ライブカメラ

サーフポイント

サーフィン動画