サーフグッズ紹介



サーフィンに関連するアイテムをご紹介しております。

特に「サーフボードの適正浮力表」や「サーフボードのサイズ目安と選び方」は人気が高くおすすめです。



【サーフグッズ紹介 詳細ページ】

サーフボード

デッキパッド・ボードケース

デッキパッドは、サーフボードのデッキ(足をつく面)で後ろ足が滑らないようにするために使用します。サーフボードを購入した時は最初にデッキパッドを貼ります。ボードケースは、サーフボードを衝撃から守ったり、デッキ(ボードの足をつく面)のワックスが車のシートに付くのを防ぎます。

フィン・リーシュ・ワックス

フィンはサーフボードのボトム(海面に接する面)に付いている舵です。現在のショートボードは、futures(フューチャーフィン)とFCSⅡ(エフシーエスツーフィン)のどちらかのフィンメーカーが採用されています。リーシュコード(パワーコード)は、サーフボードとサーファーの足を繋ぎ、サーフボードが体から離れて波に流されないためにあります。ボードが流されると人に当たって怪我をさせてしまったり、泳いで取りに行くのは大変です。人に怪我をさせないためのマナーとして必ず装着するようにしましょう。ワックスは、サーフボードのデッキ(足をつく面)に塗り、ライディング中に足が滑らないようにするために使います。サーフボードの中心~その少し上辺り、前足を置く位置に広く塗ります。

ウェットスーツ

ウェットスーツの種類は、季節や海水温に応じて様々な形があります。ウェットスーツを購入の際は、使用時期や適正水温を目安に、サイズに注意して選びましょう。

ワセリン・ウェットボンド

ウェットスーツの擦れ防止に効果的なワセリンは、ワックス等と一緒に車に常備しておきましょう。ウェットスーツのリペア(修理・補修)にはウェットボンドを使用します。

リーフブーツ

リーフ(サンゴや岩場)の上を歩く時や、海に入る所が岩場や貝類が密集している所で足を切って怪我をしないようリーフブーツを履きます。浅瀬まで波に乗り過ぎて、水深がスネ位しかない所に飛び降りると足の裏を切ったり、ゲッティングアウト(パドリングでブレイクポイントに向かう事・沖に出る事)の際に浅瀬を歩いていると、サンゴや岩の間に足が挟まって怪我をする事等があります。リーフブーツを履いていると、車からサーフポイントまで安心して歩けて、波打ち際でも海底の岩を踏み込める等、便利でおすすめです。 リーフブーツは季節を問わず用意しておくのがおすすめです。

車に積んでおきたいグッズ11選・サーフグッズのプレゼント12選


関連ページリンク

波情報・ライブカメラ

サーフポイント

サーフィン動画