ウェットスーツ

【サーフグッズ紹介】



ウェットスーツの種類(サーフパンツや各季節用のウェットスーツ)

サーフィン用のウェットスーツの種類は多数あります。

季節に応じたウェットスーツの選び方を紹介しています。

ウェットスーツはサイズの合うものの中から選びましょう。

 

 「スプリング」「シーガル(半袖長ズボン)」「ジャージフル(長袖長ズボン)

 「サーフパンツ(海パン)」「ラッシュガード」「ベスト(ノースリーブ型)」「タッパー(Tシャツ型)

 「ロンスプ(長袖半パン)」「ジャージフル(長袖長ズボン)

 「セミドライ」「ドライスーツ」「冬用サーフブーツ」「グローブ」「ヘッドキャップ

 

は、海水が冷たく気温が暖かいため、

半袖長ズボンの「シーガル」、半袖半パンの「スプリング」や

「ジャージのフルスーツ(通称:ジャージフル)」と呼ばれるウェットスーツを着用します。

 

は、海水も気温も暖かいため、

「サーフパンツ」や擦り傷・日焼け防止で「ラッシュガード」(海でも良く見かけます)、

「ベスト(ノースリーブ型)」や「タッパー(Tシャツ型)」と呼ばれる上着のみのウェットスーツを着用します。

 

は、海水は温かく気温は寒いため、

長袖半パンの「ロングスリーブスプリング(通称:ロンスプ)」や、

「ジャージのフルスーツ(通称:ジャージフル)」と呼ばれるウェットスーツを着用します。

 

は、海水も気温も冷たいため、

「セミドライ」と呼ばれるウェットスーツを着用し、

寒さによって「冬用サーフブーツ」、「冬用グローブ」、「ヘッドキャップ」を追加していきます。

「セミドライ」は素材自体は水を通さないが首や手足から水がしみ込んできます。

 

 日本海等の極寒地では、「ブーツ」まで一体になって完全に水が入ってこない「ドライスーツ」を着用したりもします。

「ドライスーツ」は中に空気を含んでいるため、水中で誤って体が逆さになり足に空気が溜まると、

元の体勢に戻れなくなる事もあるため、使用の際は注意が必要です。

 

その他にノンスリーブタイプで動きやすさを重視した、半パンの「ショートジョン」、長ズボンの「ロングジョン」等があります。

 

 

 

 「サーフパンツ」の腰回りは、伸びない又は紐で縛れるものでなければいけません、

波に飲まれたり、「ドルフィンスルー」の際に脱げてしまいます。

まずはぴったりと合うサイズのものを選び、デザインはサイズの合うもの中から選びましょう。

 「海パン」と呼ばれる物には、腰回りがゴムになっている物も含まれますので、選ぶ際には注意が必要です。

サーフパンツはオシャレでお気に入りのものを使用したいですね。

 

「タッパー」や「ベスト」「スプリング」「ロンスプ」「シーガル」「ジャージフル」「ブーツ」等の素材は、

主に「ジャージ」と呼ばれる素材を縫製してできています。

「ジャージ」は素材から水がしんなりとしみ込んできますが、伸縮性があり動きへの影響は少ないです。

 

「セミドライ」や「ドライスーツ」「グローブ」「ヘッドキャップ」は主に水を通さないゴムでできています。

 

「セミドライ」と「ドライスーツ」は首や手足からの水の浸入をできる限り防ぐために、サイズを綿密に図りオーダーで作ります。

体にフィットしていて伸縮性が低いため、サーフィン中の動きを制限します(パドルがしんどくなります)。

中は起毛等の素材でできているものが多く、とても暖かいです。

継ぎ目は接着剤で繋いでいるだけなので、劣化してくると継ぎ目から裂けてきたりもしますが、

そんな時は「ウェットボンド」でくっつけます。

 

  

上記の体温を守るウェットスーツとは違い、

岩やサンゴ(リーフと呼びます)、貝等から足を怪我から守る「リーフブーツ」と呼ばれるものあります。

「リーフブレイク」(ビーチではなく岩の上でブレイクする波)は危険ですが、いい波が多いので、

近くまでいける「リーフブーツ」は季節を問わず用意しておきたいです。