【サーフィン・ウェットスーツ】

シーガル



サーフグッズ紹介-ウェットスーツ-シーガル-サーファーズオーシャン

シーガル(半袖・長ズボン)

使用時期:6月(春)

適正水温:18~20℃

シーガルは主に春(6月)に使用します。適正な海水温の目安は18~20℃で、海水はまだ冷たく風が少し暖かい春や、曇りや雨で体が冷える時に使用します。シーガルは半袖・長ズボンのウェットスーツで、海水に浸かっている部分を守れるため防温性が高いです。着る時は、背中にジップの長い紐がついているので引き揚げます。

生地の厚さが2種類使われ、可動の少ない胸から腹や背中が厚く、肩や股関節周辺が薄くなっているものが多いです。「〇mm」という表記は生地の厚さで、「2mm/3mm」と表記されているものは、薄い所が2mm厚い所が3mm、という意味になります。

沖縄や海外ではリーフ(岩やサンゴ礁)ポイントでサーフィンすることも多くあります。万が一の時にはリーフから身体を守ってくれますので、サーフトリップの際はウェットスーツを一着持っていく事をおすすめします。

サーフグッズ紹介-ウェットスーツ-使用時期の目安-サーファーズオーシャン
サーフグッズ紹介-ウェットスーツ-適正水温の目安-サーファーズオーシャン

表面水温図(海上保安庁)

海水温が色分けされていて解り易く、ウェットスーツ選びの参考になります。

表面水温図(海上保安庁)


サーフィン・ウェットスーツ紹介

シーガル

【目次】

①シーガルの意味

②メンズ

③レディース


①シーガルの意味

サーフグッズ紹介-ウェットスーツ-シーガル-サーファーズオーシャン

「シーガル」とは、半袖・長ズボンのウェットスーツの事で、日本のサーファーのみが使う呼び方です。元々は「DOVE」というメーカーから70年代に販売されていた半袖・長ズボンのウェットスーツの商品名が「Seagull Suit」だったんですが、いつの間にか「シーガル=半袖長ズボンのウェットスーツ」となっていったようです。英語の「Seagull」は「カモメ」という意味で、海外ではウェットスーツとしては通じません。

海外では「S/S STEAMER」と表記され、「ショートスリーブスチーマー(半袖の蒸し器)」という意味になります。


②メンズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウェットスーツ シーガル 3mm メンズ HeleiWaho ヘレイワホ CLASSIC 半袖
価格:10989円(税込、送料無料) (2022/1/4時点)


③レディース

サーフグッズ紹介-ウェットスーツ-シーガル-サーファーズオーシャン レディース

【サーフグッズ紹介】

サーフボード

デッキパッド・ボードケース

フィン・リーシュ・ワックス

ウェットスーツ

ワセリン・ウェットボンド

リーフブーツ

車に積んでおきたいグッズ11選・サーフグッズのプレゼント12選


波情報・ライブカメラ

サーフポイント

サーフィン動画