ジャージフル

【サーフグッズ紹介 > ウェットスーツ】



ジャージフルは、海水が冷たく、風が寒い春と秋に使用します。

全身を防温できるため、とても使い勝手が良いです。

背中がジップタイプの物が多く、長い紐がついているので引き揚げます。

お腹側にジップをもってくるとパドリングの際に邪魔になるため背中にジップのタイプのものが多いです。

 

海外ではリーフ(岩やサンゴ礁)ポイントでサーフィンすることも多くあります。

万が一の時にはリーフから身体を守ってくれますので、海外トリップの際は持っていく事をおすすめします。

 

生地の厚さが2種類使われ、可動の少ない胸から腹や背中が厚く、肩やヒザ等の関節周辺が薄くなっているものが多いです。

「〇mm」という表記は生地の厚さで、「2mm/3mm」と表記されているものは、

薄い所が2mm厚い所が3mmになっていますよ、という意味になります。