【サーフィン・ウェットスーツ】

冬用サーフブーツ、グローブ、ヘッドキャップ



サーフグッズ紹介-ウェットスーツ-冬用サーフブーツ-グローブ-サーファーズオーシャン

冬用サーフブーツ・グローブ・ヘッドキャップ

使用時期:1・2・3月(真冬)

適正水温:15℃以下

冬用サーフブーツ・グローブ・ヘッドキャップは主に真冬(1・2・3月)に使用します。適正な海水温の目安は15℃以下で、雪が降るような時期の海水が冷たく風が寒い真冬に使用します。セミドライスーツだけでは寒い場合に、サーフブーツ・グローブ・ヘッドキャップを順番に追加していきます。手先足先が直接海水に触れるのとは大違いの効力を発揮します。冬の日本海ではほぼ必需品です。あると段違いに暖かいのがヘッドキャップです。

 

冬用サーフブーツは、初めは履くにも脱ぐにも苦労しますが、焦らずゆっくりと脱着しましょう。サーフブーツの履き方は、開口部分を外側に折り曲げ、二重になった部分を持って広げながらつま先を入れて、かかと側に指を入れてブーツを引っ張ってつま先を置くまで入れます。履き方のコツは、爪を立てずに指の腹で引っ張る事です、爪を立てて思いっきり引っ張るとそこから裂けてくるので注意しましょう。

 

冬用グローブの表面はゴム素材で水を通さず、裏面は起毛素材になっていてとても温かくなっています。雪降る極寒の地でサーフィンをするなら、サーフブーツ・グローブどちらも準備しておく事をおすすめします。

 

「〇mm」という表記は生地の厚さで、「3mm/5mm」と表記されているものは、薄い所が3mm厚い所が5mmという意味になります。

サーフグッズ紹介-ウェットスーツ-使用時期の目安-サーファーズオーシャン
サーフグッズ紹介-ウェットスーツ-適正水温の目安-サーファーズオーシャン

表面水温図(海上保安庁)

海水温が色分けされていて解り易く、ウェットスーツ選びの参考になります。

表面水温図(海上保安庁)


サーフィン・ウェットスーツ紹介

冬用サーフブーツ・グローブ・ヘッドキャップ

【目次】

①冬用サーフブーツ

②冬用グローブ

③冬用ヘッドキャップ

④冬用ネックウォーマー、アンクルベルト


①冬用サーフブーツ

サーフグッズ紹介-ウェットスーツ-冬用サーフブーツ

「〇mm」という表記は生地の厚さで、「3mm/5mm」と表記されているものは、薄い所が3mm厚い所が5mmという意味になります。

ジャージはしんみりと水が伝わる素材で、伸縮性に優れています。ゴムタイプは水を通さず暖かさは勝りますが、粗材が硬くなります。


②冬用グローブ

サーフグッズ紹介-ウェットスーツ-冬用グローブ

「〇mm」という表記は生地の厚さで、「3mm/5mm」と表記されているものは、薄い所が3mm厚い所が5mmという意味になります。

ジャージはしんみりと水が伝わる素材で、伸縮性に優れています。ゴムタイプは水を通さず暖かさは勝りますが、粗材が硬くなります。


③冬用ヘッドキャップ


④冬用ネックウォーマー、アンクルベルト

アンクルベルトは、足首に巻いて海水がウェットに侵入するのを防ぐために使います。手首につけるタイプもあります。


【サーフグッズ紹介】

サーフボード

デッキパッド・ボードケース

フィン・リーシュ・ワックス

ウェットスーツ

ワセリン・ウェットボンド

リーフブーツ

車に積んでおきたいグッズ11選・サーフグッズのプレゼント12選


波情報・ライブカメラ

サーフポイント

サーフィン動画