サーフボードを選ぶ際に最も重要な「浮力表」


スポンサードリンク


サーフボードを選ぶ際に最も重要なのが浮力です。

自分の体重にあったサーフボードを選ぶ事が大事です。

体重毎に計算された下の浮力表を目安に、適正な浮力を選びましょう。

初心者・中級者・上級者等のレベルによっても必要な浮力は変わります。

 

サーフボードの浮力は、L(リッター)で表現します

CL値と言い、キュービックリットルの略で、平方リットルという意味です。

サーフボードの総体積を表します。

サーフボードの浮力表(適正浮力、体重別浮力計算、初心者・初級者・中級者・上級者・プロサーファー)

表の見方は、自分の体重と自分のレベルが交差する所を見れば、

自分に適したサーフボードのリッター数が解ります。

 

 

自分の体重に対して大きな浮力(オーバーフローと)のボードは、推進力が高いためパドルが楽で、

波の力を受けやすいためテイクオフもしやすいですが、

立ち上がった後は、板が大きく重いため動作が遅くなり、

ターン等のコントロール性が落ちます(直進的)。

 

自分の体重に対して小さな浮力(アンダーフロート)のボードは、パドルでの推進力が低く、

波の力を受けにくいためテイクオフできるタイミングが短く難しくなりますが、

波に乗った時のコントロール性が高まります(クイックで鋭角なターンが可能)。

 

初心者の方は、浮力の高いロングボードやファンボードから始めると、

サーフボードが波の上で安定しやすいため、波に押される感覚も掴みやすく、

テイクオフもすぐできるようになると思います。

 

 

管理者の個人的な意見として、中級者になるまでは、

オーバーフロート(適正な浮力よりも浮力を上げる)気味のサーフボード方が沢山波に乗れるので、

サーフィンの楽しさや波に乗る感覚を早く覚えられると思います。

(あれっ?今、体を傾けてしっかりとターン出来たんじゃない?)と思うようになってきたら、

そこからガンガン浮力を下げていくと、クイックなターンが出来るようになっていきます。

 

20才未満の方や運動神経がある人は、上達も早く、体も軽く、良く動くため、

何度かサーフィンに行っている間に、サーフボードが重く感じるようになりますので、

アンダーフロート(適正な浮力よりも浮力を下げる)気味のサーフボードの方がいいかと思います。

上の表では「初心者」の浮力ではなく、「初級者」の浮力よりも少し下げた位から始めるといいと思います。

 

 

 

過去はサーフボードの長さ・幅・厚みを基準にサーフボードを選んでいました。

2000年頃はまだ流通も今ほど発達していなかったので、

サーフショップで自分のレベルを相談しながらサーフボードをオーダーするのが一般的でした。

その頃はハンドシェイプが主流だったので浮力を基準に選ぶという事ができず、

レベルに合った長さ・幅・厚みを、サーフショップに相談していました。

 

体重は、長さ・幅・厚みを決める大事な基準になるので聞いて作りますが、

そもそもは浮力を基準に作るという概念ではありませんでした。

もちろんサーフボードを作るシェイパーもプロなので、

サーフボードを持てば海に入らなくても板の浮力や性能は大体わかります。

 

現在はネットでサーフボードを買う事ができます。

また、メーカーが計測した正確な浮力も確認でき、

浮力表を見ながらその人に合った最適なボードを決めることができるようになり、とても便利になりました。



サーフボードの分類(サーフボードの形状には様々なものがあり、ショート・ロングのように分類できます。)

サーフボードを選ぶ際に最も重要な浮力表

サーフボード各部位の名称

サーフボードのサイズの目安

サーフボードの価格帯

・サーフボードの紹介

・中古ボードの紹介

・デッキパッド(デッキパッチ)

・リペアキット(サーフボードの修理キット)


サーフグッズは沢山あります。

必ず必要な物、海の状況によって防寒や怪我から守るために必要な物、

車で海に行く時に必要になる車載用サーフグッズ、あると便利なサーフグッズ、

プレゼントに最適なアイテム等、

個別ページにて詳しく説明しております。

通販商品も多数紹介しております、是非ご参照ください。

 

サーフィンをする上で最低限に必要な物 5点

特に、自分に合った「サーフボード」を選ぶ事はとても大切です。

 

①「サーフボードの選び方

サーフボードの分類(サーフボードの形状には様々なものがあり、ショート・ロングのように分類できます。)

サーフボードを選ぶ際に最も重要な浮力表

サーフボード各部位の名称

サーフボードのサイズの目安

サーフボードの価格帯

・サーフボードの紹介

・中古サーフボードの紹介

・デッキパッド(デッキパッチ)

・リペアキット(サーフボードの修理キット)

 ②「フィン(FCS・FCS2・Future)

・フィン(FCS)

・フィン(FCS2)

・フィン(フーチャー)

・フィンキー

③「リーシュコード」(パワーコード)

④「ウェットスーツの選び方

・サーフパンツ

ラッシュガード

インナー

ベスト、タッパー(上半身のみ)

スプリング (半袖半パン)

ロンスプ(長袖半パン)

シーガル(半袖長ズボン)

ジャージフル(長袖長ズボン)

セミドライ(長袖長ズボン、半防水:首回りや足首から水が入る)

・ドライスーツ(長袖長ズボン、完全防水)

その他サーフウェア

ワセリン(擦れ防止の軟膏剤)

ウェットボンド、ウェットリペア(ウェットの修理)

ウェットスーツ便利グッズ

⑤「ワックス

・ワックス 

・スクレーバー(ワックス剥がし)

・リムーバー(ワックス落とし)

 

サーフボードを傷や破損から守り、持ち運びに便利

ボードケース

・ハードケース

・ニットケース

・デッキカバー

 

海や波の状況によって必要になる物 4点

極寒の海で体温を守る

①「冬用サーフブーツ

②「冬用グローブ

③「ヘッドキャップ

・ネックウォーマー

・アンクルベルト

岩やサンゴの上を歩いても足を切らないように

④「リーフブーツ」(「サーフブーツ」「リーフシューズ」「岩場用シューズ」)

・薄型リーフブーツ(足の甲を縛らないタイプ、ダイビングや海水浴、川遊びにも使えます)

・大きい波用リーフブーツ(足の甲を縛るタイプでダックダイブでも脱げない)

 

車載用サーフグッズ

キャリアベルト」(車内の天井や車の屋根に固定するのに便利)

・サーフボードの車載方法

サーフロック」(サーフィン中の車の鍵はキーボックスにパスワードをかけて盗難を予防)

ポリタンク・お湯」(サーフポイントによってはシャワーがありません)

車のシートカバー」(ウェットスーツを着たまま移動なんて事も出来ます)

着替え用バケツ」(着替える時の足場に、濡れたウェットを入れるため)

ウェットバック」(濡れたウェットを入れるため)

バスタオル」「お着替えポンチョ

 

あると便利なサーフグッズ

ワセリン」(擦れ防止の軟膏剤)

フィンキー」(フィンを外すための六角レンチ)

リペアキット」(サーフボードの修理キット)

ウェットボンド、ウェットリペア」(ウェットの修理)

ビーチサンダル」(車から海まで歩く時に)

「ビニール袋」(冬用ウェットを着る時とても楽です)

「アルミテープ」(サーフボード破損の応急処置に)

 

サーフグッズのプレゼントに最適なアイテム12選

①サーフボード

②スケボー(カーヴァー:CARVER)

③SUP(サップ:スタンドアップパドルボード)

④オーダーウェットスーツ

⑤タイドグラフ付腕時計(サーフウォッチ)

⑥カメラ(アクションカメラ:ウェアラブルカメラ:防水カメラ:GoPro)

⑦フィン

⑧ボードケース

⑨サーフィンDVD

⑩お着替えポンチョ

⑪ラッシュガード

⑫WAX等の消耗品

 

 

その他にも様々なサーフグッズがあります。

それぞれ自分に合った道具を選びましょう。


スポンサードリンク